別注オリジナル人形例のご紹介 兵庫県C様

2018.11.12 Monday

先日は、新たな試みの別誂え人形を製作する機会を得ましたので、ここでご紹介をさせて頂きたいと思います。 兵庫県Cさんよりご感想を寄せていただきました。お写真とともにお読みください。

 

「朋さんとの出会いは、2017年に市松人形の修理と着物の仕立て直しを依頼したことがきっかけでした。50年以上前、母がお嫁入り時に祖母から送られた人形は、色褪せて可哀想な状態になっていましたが、朋さんのおかげでまるで生まれ変わりました。私のお宮参りの着物を仕立て直していただいたのですが、祖母・母・私の3世代がお人形でひとつに繋がったようにさえ感じられました。そして何より母がとても喜んでおりました。

 

 

工房朋さんの技術に敬服した私は、あることを思いつき、朋さんに伺ってみることにしました。それは二人の娘がこどもの頃、ピアノやバイオリンの初舞台で着用したドレスをお人形用にできないかということでした。無理を承知で伺ったにもかかわらず、朋さんは「初めてですが、やってみましょう」と二つ返事で引き受けて下さったのです。

 

 

そして、どこかしら娘たちの幼い頃の面影があるお人形を選び、ドレスをオーダーすることになりました。ワクワク待つこと約2ヶ月。工房より送られてきた箱を開けて、またしても私は感嘆の声を上げてしまいました。 思い出がつまってどうしても処分できず、クローゼットに眠っていた20年以上前のドレスが、まるで最初からお人形の為に仕立てたかのようにピカピカのドレスに変身していたのです。 裾にあったレースは、お人形の髪や胸元の飾りとなり、内側のアンダードレスは花飾りやパールが施してあり、細部にわたるまで可愛らしい夢があふれる仕様になっていました。私は、この年になって宝物となるお人形と出会うことができるなんて、思ってもみませんでした。こうしてピンクのドレスのお人形は、リビングで我が家の日常を優しい微笑みで見守ってくれています。」

 

 

ご感想は以上となります。

 

私どもの洋人形は今まで古いお着物地などからお作りすることがほとんどでしたので、元からドレスのものを小さく人形用に制作することは初めての試みでした。

 

C様の例のように、今後は思い出のこもったドレスをも形を変えてお側にずっと置いていただけるような人形を制作していきたいと考えております。

 

工房朋

〒631-0004

奈良市登美が丘1-3-15

0742-49-6028

http://www.doll-tomo.com


別誂えの夏用のお着せ替え

2017.07.26 Wednesday

連日暑い日が続いております。いかがお過ごしでしょうか。

 

京都店では夏の着物を着た人形たちを展示しておりますが、お客様のお着物からも別誂えとしてご注文を承っております。

今日はその一例のご紹介をさせて頂きたく思います。 

 

白地に濃い緑の葉が涼しげな絽の着物と銀糸が織り込まれた夏帯をお持ち込みいただきました。

 

工房朋の夏の着物は単衣ではなく、オリジナルの袷でのお仕立てになります。人が着る着物とは違い一番人形の姿が映えるよう念頭に置いてアレンジをしております。 仕立て上りがこちらです。

 

中の襦袢も絽で合わせて。

 

 

完成です。

 

 

是非夏の間にこのようなお着物を着せ替えてみられてはいかがでしょうか。

工房朋の人形は着せ替えを楽しんでいただくことができます。

 

思い出のこもった着物地から涼しげな夏用のお着せ替えをお作りいただいてはいかがでしょうか。

 

この暑さにはくれぐれもお気をつけください。

 

工房朋 〒631-0004 奈良市登美ケ丘1-3-15 0742-49-6028

 

人形朋 京都 〒604-8083 京都市中京区三条富小路西北角 SACRAビル1F TEL&FAX:075-211-5914 営業時間:11時〜18時

定休日:水曜日

 

http://www.doll-tomo.com

 

フェイスブックもございます。 https://www.facebook.com/dollstudiotomo


修理と別注オリジナル着物の組み合わせ例

2017.06.14 Wednesday

久々の展示会のご案内以外の記事になります。どうかお付き合いくださいませ。

 

工房朋ではお客様の思い出のこもったお着物を人形用サイズに仕立て換え、工房朋の人形に着せ付け完成の別注オリジナル人形を承っております。それにつきましてはホームページにもご注文の流れなどを掲載しております。

 

また上記に加えお問い合わせを頂いておりますのは、お持ちの古い市松人形を修理を承った後、もともと着せておられたお着物が古く見えて着物も新調されたいというご要望です。そのような場合はお持ちの着物(思い出のこもったお着物、羽織、襦袢、帯など)からサイズにあった寸法でお仕立てもさせていただいております。

 

首がぐらつくという修理をお受けした際にお着物も一緒にご注文を頂きました。(写真をクリックしていただきますと鮮明な画像になります)

 

綺麗な紫色の解いた着物地をお持込です。

 

それぞれのお人形のサイズに合わせてお仕立ていたします。

 

修理後着せ付けまして完成です。

 

このように修理と組み合わせることによりまして、愛着のあるお人形をより長く、またお着物の着せ替えで新鮮な変化でこれから先も長くお側に置いていただくことが可能となります。

 

※お持込いただくお着物や布地をお持ちで無い場合、工房朋の制作した衣装のご用意がありますのでサイズが合うようでしたらお選びいただくことが可能です。

 

人形の修理はその都度見積もりが必要となってまいります。またお着物のお仕立て代につきましては下記に掲載しておりますのでご興味のお持ちの方は是非一度ご覧くださいませ。

http://www.doll-tomo.com/tomo/originaldoll.html

 

 

夏の間にたくさんの例をご紹介させていただければと思います。

 

工房朋
〒631-0004
奈良市登美ケ丘1-3-15
0742-49-6028


人形朋 京都
〒604-8083
京都市中京区三条富小路西北角
SACRAビル1F
TEL&FAX:075-211-5914
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日



フェイスブック
https://www.facebook.com/dollstudiotomo
インスタグラム
dolltomoでidご検索ください。

 

 

 

 


別注オリジナル人形、ぞくぞくと完成してきています。

2014.06.07 Saturday
ここ最近の日中は蒸し蒸しとするお天気ですが、いまだ朝晩は涼しいようです。

四月の展示会で承っておりましたお客様のお着物を着た人形が出来上がってきました。

たくさんの豪華な婚礼衣装や、思い出のお振袖、おうちに古くから伝わるお着物や帯。

大切な思いでがそれぞれにこもったお衣装が、人形の衣装として形をかえ、より近くに感じていただけることと思います。

ほんの少しだけご紹介を。

こちらの留袖が、、



このようになります。


また詳しくご紹介させて頂きます。どうぞお楽しみに。

工房朋
奈良市登美ヶ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
京都市中京区三条富小路北西角SACRAビル1階
075-211-5914
営業時間11時〜18時
水曜定休

ホームページ
http://www.doll-tomo.com/


 

別注オリジナル人形の例 京都府 宇治市 小島様 完成編

2014.04.16 Wednesday
本日水曜日は奈良の工房にて月に一度の人形がございました。

今日に着付けを終えて完成された方のお人形を見せていただきましたが、とても着物と帯の合わせ方がモチーフで一体化しているような、お茶目で可愛い印象でとても楽しく眺めさせていただきました。

また教室に通われている方のインタビューなどもしてみたいと思っています。

昨日エントリー分の別注人形例のご紹介が途中までとなっておりましたのでその続きを。

今日はその選ばれた着物を人形用衣装にする場合にもっとも重要な裁断をしたものから見ていただきたく思います。

こちらが裁断後の着物です。柄の大きさ、特に袖はあまり継いだりはできるだけしないようにしますので、そのポイントとなる柄の出し方にもっとも気を使います。また前身頃の肩口に近いところなどは最も目立つところですので特に慎重になります。



袖の中にいっしょに縫い付けておく肌襦袢と長襦袢です。ともに外側のお着物と同じ年代のものをあわせています。


また帯は最終的にお客様のお持込されたものではなく私どものほうでこちらをご用意させていただきました。



そして最長一ヶ月ほどして着物が縫いあがったのがこちらです。



お選びになられた人形と一緒に。


そして丁寧にゆっくりと微調整をしながら着せ付けていきます。
できあがりましたのが、、、



このようになりました!




着付けてみますとさらにお着物が良く映え、表情も違って見えるかのようです。


衿もとの様子も。


いかがでしょうか、このように最初の着物と人形の状態だけでは全くもって想像がつかないとのご感想を頂戴いたしました。

今回工房朋の別注オリジナル人形の例のご協力を快諾していただきました小島様には今一度御礼申し上げます。
ありがとうございました。

また今回の例のように思い出にあふれた、しかしながら箪笥にしまっておくしか選択肢があまり無いお着物
を、このように人形にのせて長くお傍に置いていただける形にしてみてはいかがでしょうか?

工房朋では大切な着物の思い出を形は変われどその雰囲気、質感はそのままに新しい命を吹き込むそのお手伝いをいたします。

ぜひお近くの展示会、京都店人形朋、奈良の工房まで一度人形の顔をご覧にいらしてください。
きっと貴方のお持ちの着物を着こなしてくれる一体と出会えることと思います。

お待ち申し上げております。




工房朋
奈良市登美が丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
京都市中京区三条富小路北西角SACRAビル1階
075-211-5914
営業時間11時〜18時
水曜定休

ホームページ
http://www.doll-tomo.com
 


カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode