京都店人形朋 夏期休暇のお知らせ

2017.08.14 Monday
京都店 夏期休暇のお知らせ



誠に勝手を申しますが本年度の夏期休暇を以下の通りとさせていただきます。


平成29年8月16日(水)から8月23日(水)まで


休み中お急ぎの方がいらっしゃいましたら工房にご連絡をいただきますようお願い申し上げます。



残暑厳しい折ですが皆様どうぞご自愛くださいませ。 工房朋

0742-49-6028


メディア掲載 小学館 和樂 2015年12月号

2015.11.07 Saturday
ここ最近は人形の季節に向けての制作に追われいつも以上に投稿が途絶え気味になっております。

秋の陽気とともに、連日奈良の工房、京都店ギャラリー人形朋に多くの方々にお越しいただき、誠にありがとうございます。

お受けいたしましたご注文は一つ一つを丁寧に制作を続けております。

今回は普段つけないようなタイトルをつけておりますが、小学館の雑誌、和樂の12月号の特集記事に工房朋の市松人形が掲載されております。ここ最近問い合わせのお電話が増えて、知ることとなりました。

私どもは直接取材を受けてはおりませんが、記事は日本舞踏家の武原はん様に関するもので、大変読み応えのある記事の中に
生前ご愛用のものの紹介の部分で工房朋の人形の写真が載っております。また武原様ご本人が人形を抱かれた素敵な写真もあります。

その繊細で独特な美意識を日常の生活にも貫いておられたということが記事より窺い知れまして、お側にわれわれの人形が在ったということは、光栄であるとともに背筋が伸びる思いで一杯です。

もしご興味がございましたら書店にて是非お求めください。

工房朋
奈良市登美が丘1−3−15
htp://doll-tomo.com
0742-49-6028




 

京都店人形朋 夏季休暇のお知らせ

2015.08.14 Friday
お盆休みの中頃を迎え、少しづつ暑さのピークを過ぎているように感じます。

人形朋の夏季休暇を以下の日程で取らせていただきます。

8月16日(日)から8月19日(水)

8月20日は人形着物教室の人形倶楽部朋がございます。

ご了承くださいますようお願い申し上げます。



工房朋
〒631-0004
奈良市登美ケ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
〒604-8083
京都市中京区三条富小路西北角
SACRAビル1F
TEL&FAX:075-211-5914
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日

http://www.doll-tomo.com
フェイスブックもございます。


お盆休みのお知らせです。

2014.08.08 Friday


最後の投稿より期間が空いてしまいました。申し訳ありません。

猛暑日が続きますが、いかがお過ごししされていますでしょうか。

工房と京都店のお盆休みの休業日についてのお知らせです。

工房朋
平成二十六年 八月九日から八月十七日まで

京都店 人形朋
平成二十六年 八月十八日から二十日、二十二日まで
となります。

勝手を申しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、京都店の八月の人形教室は八月二十一日に開催いたします。

現在新しい生徒様を募集中です、お近くにお越しの際はお気軽に見学にぜひお立ち寄りください!

こちらは先月の教室の様子になります。






人形の着物をご自身の手で作られてはみませんか?

和裁の経験をお持ちでなくとも、専門の講師が仕上がるまできっちりとお教えさせていただきます。

思い出の着物や、布地から人形用に仕立てあげ、工房朋の人形に着せて頂くまでのコースとなります。

お待ち申し上げております。



工房朋
奈良市登美ヶ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
京都市中京区三条富小路北西角SACRAビル1階
075-211-5914
営業時間11時〜18時
水曜定休

ホームページ
http://www.doll-tomo.com

Facebookページ
https://www.facebook.com/dollstudiotomo



江戸時代後期の着物を裁断しました。

2014.07.08 Tuesday
本日は七夕です。毎年この辺りは天気は悪いようで、超大型台風の接近で今年も変わらずという感じです。

どうか大きな被害がでませんように。

前回ご紹介しました江戸時代後期の解いた状態の打掛を人形の着物用に裁断しました。

工房朋の人形には古い古裂、時代をこえて現代に残り続けてきた着物から制作した衣装を着せつけています。

贅沢に人形用に柄を取り、仕立てすることは、破れやシミなど様々な問題と、柄を優先させて着物からはやはり僅かの分量の裂地しか残りません。

今回はその中でも特に貴重なものですので、細心の注意を払い裁断しました。

二枚の着物の柄を取ることができ、一つはこれ以上ないというぐらい豪華な刺繍をメインに。


もう一つは染めの美しさと余白を活かしたものとなります。三羽の鶴がいます。



いかがでしょうか。帯もそれ相応なものを探して裁断をいたします。

どの顔の人形に着せるのか、今から想像をしていきます。

最後に京都店にいる、夏の着物を着た織姫と彦星です。


工房朋
奈良市登美ヶ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
京都市中京区三条富小路北西角SACRAビル1階
075-211-5914
営業時間11時〜18時
水曜定休

ホームページ
http://www.doll-tomo.com/

Facebookのアドレスが変わりました!
こちらのリンクからどうぞ!
https://www.facebook.com/dollstudiotomo


カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode