13391・水仙の着物

2013.02.21 Thursday
日本には月ごとに定番の花や鳥、景物がありますが、花の意匠は季節に先駆けて用いその季節がくれば本物の花にゆずるというお話を聞いたことがあります。「本物の花にゆずる」という前置きをしておいてなんですが、さいきん水仙を見かけることが重なりましたので、きょうは水仙の柄の着物の人形の写真をアップします。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
もともとは人が着ていた着物から裁断したはずですのに、人形の着物として染められたかのような大きさの水仙です。地色といいちりめんの質感といい、いつまでも眺めていられます。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode