作り帯のご紹介

2013.02.28 Thursday
工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形,着せ替え
きょうご紹介するのはこちらの女の子です。
なんとなく見たことがある気がしませんか?

実は、2013年2月8日のブログでご紹介したのと同じ人形です。
工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形,着せ替え
間違い探しではありませんが、実は前の写真とすこし違うんです。どこが違っているかわかりますでしょうか?

実はこの女の子、京都店で見てお求め下さったお客様が作り帯にしてほしいとおっしゃられたので帯を作り替えているんです。
作り帯は端から決まった寸法でとっていく方法を基本としますので、出したい柄がある時はとても苦労します。今回はもともと結んでいたとき右にあった柄が左にきています。

制作工程の写真はないのですが、帯だけですとこのようなかんじです。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形,着せ替え


工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形,着せ替え

通常、人形の帯は一重であることが多いのですが、工房朋では人間とおなじように二重巻きにしています。作り帯もまた、帯をそのまま一本切らずにお作りしています。
まだまだ工夫の必要な作り帯ですが、お客様の手で着せ替えが簡単にできるよう今後も試行錯誤を続けていきたいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode