三月三日 桃の節句

2013.03.03 Sunday
今日は一年に一度、女の子のための優美なお祭りの日です。
お祝いをされるご家庭では、人形を出し段飾りや小物の用意などとても忙しい週末だったのではないでしょうか。

以前にも何度かご紹介させて頂きました工房朋の雛人形も、今日のために制作してまいりました。
優しい表情をした愛らしい頭と、吟味を重ねた古裂衣装から制作した寸分のくるいもない着付け。その工程ひとつひとつにお子様の健やかな成長とご家族の繁栄の願いをこめて一対のお雛様は完成します。
この格別なお慶びの日のために、工房朋の雛人形をお選び頂きました皆さまには心より感謝を申し上げます。

そんな特別な日には少しばかりお話を。雛人形をなぜこの日に飾るようになったのか、そのルーツを簡単にご紹介させて頂きます。

古代中国には上巳節(三月最初の巳の日)に川で身を清め厄を落とすための川禊という風習があり、それが日本に伝わると、ひとの代わりに紙や草木で作った「かたしろ」を川に流す形に変わりました。
この厄落としの風習とは別に、平安時代より女の子が人形であそぶことが「ひいな遊び」と呼ばれ広く親しまれていたのですが、これら二つの風習が入り混じり江戸時代に雛人形を飾る習慣が確立したとされています。
江戸時代初期には男女一対のみで飾られていたものも時代を追うごとに特別な日を彩る人形として贅を尽くしたものとなり、今日まで存在しています。
一対の男女の人形を煌びやかに飾り立てるという優雅な行事は、世界を見回しても日本だけのようです。


工房のギャラリーでも一番大きな立ち雛をシンプルに飾り終え、今日を迎えました。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,雛人形

庭にはこの時期にしては遅い梅のつぼみが少しづつ開き始めています。雪洞と江戸時代の衣装で誂えた屏風にあわせて庭の紅白梅を飾ってみました。 工房朋,工房とも,こうぼうとも,雛人形

一年を通しても、今日と端午の節句の日は、人形を制作する身として一番特別な日であります。
飾りつけられるこの日を待ち望んでいた人形達に想いを馳せながら、、、

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode