頭と胴体を…

2013.09.04 Wednesday
今夜は頭と胴体を付ける作業をしておりました。首つけと呼んでいます。

小さなみかんほどの人形の頭と、手足をつけた石鹸ほどの大きさの胴体をこのような台の上にのせて固定しているところです。



一体ずつ異なる目と目の間隔と、口元の位置の関係に注意しながら頭と胴体のバランスをとるようにします。この作業は一見地味ですが、人形の目線、を決める大事な工程です。

首の隙間に挟んでいる紙は、誤差を調整するためのものです。



首つけのご紹介でした!

工房朋
0742-49-6028
http://www.doll-tomo.com





関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode