江戸時代後期の着物を裁断しました。

2014.07.08 Tuesday
本日は七夕です。毎年この辺りは天気は悪いようで、超大型台風の接近で今年も変わらずという感じです。

どうか大きな被害がでませんように。

前回ご紹介しました江戸時代後期の解いた状態の打掛を人形の着物用に裁断しました。

工房朋の人形には古い古裂、時代をこえて現代に残り続けてきた着物から制作した衣装を着せつけています。

贅沢に人形用に柄を取り、仕立てすることは、破れやシミなど様々な問題と、柄を優先させて着物からはやはり僅かの分量の裂地しか残りません。

今回はその中でも特に貴重なものですので、細心の注意を払い裁断しました。

二枚の着物の柄を取ることができ、一つはこれ以上ないというぐらい豪華な刺繍をメインに。


もう一つは染めの美しさと余白を活かしたものとなります。三羽の鶴がいます。



いかがでしょうか。帯もそれ相応なものを探して裁断をいたします。

どの顔の人形に着せるのか、今から想像をしていきます。

最後に京都店にいる、夏の着物を着た織姫と彦星です。


工房朋
奈良市登美ヶ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
京都市中京区三条富小路北西角SACRAビル1階
075-211-5914
営業時間11時〜18時
水曜定休

ホームページ
http://www.doll-tomo.com/

Facebookのアドレスが変わりました!
こちらのリンクからどうぞ!
https://www.facebook.com/dollstudiotomo

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode