夏の着物

2015.06.23 Tuesday
久々の投稿です。

京都は気持ちの良い陽気で梅雨の間の貴重なひと時となってます。

工房朋では夏の着物は2年前より制作を始めましたが、今年も盛夏に向け多くの着物を揃えております。



今回はその特徴を少しご説明させていただきます。

夏の着物は大正、昭和初期の絽や絽ちりめんを用いておりますが、人がお召しになる際は単衣で着られるのが常ですが、人形用には袷としております。

単衣を人形に着せ付けますとぺたんとなり、動きがありませんので、少し固い印象となります。そこで工房朋の夏物着物は素材を夏のまま、袷の平袖というスタイルをとっております。


お袖から見える長襦袢も絽で涼しく、また裏地の胴裏も涼しげなものを用いることにより、袷でも涼しいように工夫を施しております。



帯は絽の帯、兵児帯など、お着物にあったものをそれぞれ着付けております。

京都店で夏の間のみの展示となります。

涼しげな夏物の着物を纏った、どこにもない市松人形を是非ご覧ください。皆様のお越しをお待ち申し上げております。



工房朋
〒631-0004
奈良市登美ケ丘1-3-15
0742-49-6028

人形朋 京都
〒604-8083
京都市中京区三条富小路西北角
SACRAビル1F
TEL&FAX:075-211-5914
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日

http://www.doll-tomo.com

フェイスブックもございます。
https://www.facebook.com/dollstudiotomo


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode