五山の送り火

2018.08.12 Sunday
8月16日は、京都の夏の風物詩ともいえる「五山の送り火」です。

お盆に戻ってこられた先祖の霊(おしょらいさん)を、再び浄土へ送り出す仏教的行事です。

その歴史は古く、平安時代に弘法大師・空海が始めたという説、室町時代に足利義政が始めたという説などがありますが、文献による資料が少ないため、明確ではなく謎に包まれたままです。

また現在の五山以外にも、「い」、「一」、「竹の先に鈴」、「蛇」、「長刀」がありましたが、明治時代までに途絶えたとされています。それに関しまして、「い」を灯した可能性がある場所を発見したと、つい先日8月8日に京都大学が発表いたしました。今後の調査が待たれるところです。

「五山の送り火」は、20時に「大文字」点火を皮切りに、5分毎にずらして「妙・法」、「舟形」、「左大文字」、「鳥居形」と左回りに約30分間灯されてゆきます。人気の観賞スポットである鴨川にかかる出町大橋周辺では、灯された瞬間「おおっ!」という歓声と共に、拍手がおこります。そして人々は、幻想的で迫力ある光景にゆく夏を惜しみます。

京都市の無形民族文化財である「五山の送り火」に、足をお運びになられませんか。

特別な夏の思い出を、お人形たちとお待ち申し上げております。




ギャラリー人形朋・京都

〒604-8083 京都市中京区中之町20サクラビル1階

電話・075-211-5914

営業時間・11時から18時まで

水曜定休

ホームページ www.doll-tomo.com


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode