中秋の名月

2018.09.16 Sunday

ようやく秋らしいさわやかな風がそよぐようになってまいりました。

 

今年の夏は、地震、大雨、台風により予期せぬ大きな被害がもたらされました。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします

 

 さて、今月24日は中秋の名月とされております。

萩の花が咲き始めた京都では、多彩なお月見の催しが繰り広げられます。

本日はその中のいくつかをご紹介させていただきたいと思います。

 

【神泉苑「観月会」かんげつえ】

2018年9月22日(土)18時〜20時30分

 

本堂にて観月法要が執り行われた後、法成就池の龍王船で18時30分より船上名月鑑賞(700円当日券150枚限定)、19時より奉納演奏が行われます。また、この日は庭園も無料で特別公開されます。

 

【下鴨神社「名月管弦祭」】

2018年9月24日(月・休)17時30分頃〜

 

観月の会と合わせて、雅楽による奉納祈願が行われます。平安貴族舞や、古式ゆかしい平安装束に身を包んだ楽人による管弦、琴の演奏などが楽しめます。

 

【上賀茂神社(賀茂観月祭)】

2018年9月24日(月・休)16時〜

 

夕刻に神官や巫女による神事や加茂神楽の奉納が行われ、その後ミニコンサートなどの催しがあります。終了後、濁り酒のふるまいが行われたり、月見団子の整理券が配られたりします(18時より300名限定)

 

 お月見が盛んになったのは平安時代ともいわれ、和歌にも登場しています。そのころは月を直接見ることはせず、池や盃に映して鑑賞したとのことです。なんと奥ゆかしいことでしょう。方法のちがいこそあれ、いにしえの人々と同じように、現代の私たちも月を愛でる静かなひとときを楽しみたいですね。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode