年の瀬の京都

2018.12.22 Saturday

 平成最後の12月も、残すところあとわずかとなりました。本日は今からでも間に合う、京都の年の瀬年中行事をいくつかご紹介したいと思います。どうぞお付き合いくださいませ。

 

【全同志社メサイア演奏会】

日時:2018年12月24日(月)18時開演

場所:京都コンサートホール

 

「メサイア」とは、キリストの降誕、受難、復活を音楽で描いたヘンデルの代表的なオラトリオ作品です。京都では毎年クリスマスイブに、キリスト教を教育理念に掲げている同志社大学の学生さんによる「全同志社メサイア演奏会」が開催されています。その演奏会の歴史は古く、戦前に行われた第一回はNHKで全国放送されるなど大きな反響を呼んだそうです。その後、戦争のあおりを受け中断を余儀なくされましたが、1965年に復活し今年で54回目となります。オーケストラを同志社交響楽団、合唱を同志社グリークラブ、メサイアシンガーズが受け持ち、指揮者とソリストはプロの演奏家が担います。曲中の「ハレルヤコーラス」では、客席の聴衆も総立ちで共に歌う感動的な場面もあります。またアンコールとして、キャンドルライトサービスも厳かに行われます。聖なるイブの夜に、学生さんたちの心がひとつになった演奏に耳を傾けてみられてはいかがでしょうか。

 

【終い天神】

日時:12月25日早朝〜

場所:北野天満宮

 

菅原道真公ゆかりの北野天満宮で毎月催される縁日は、「天神市」として親しまれております。その中でも12月は年内最後ということで「終い天神」と呼ばれ、一年でもっとも賑わいます。早朝から午後九時頃まで、所狭しと並んだ露店には骨董品のほかにも、しめ縄飾りや鏡餅、荒巻鮭などお正月用品もたくさん見受けられます。また天満宮の中門には新年の大きな絵馬の掲げられています。買い出しとともに、暮れゆく一年に感謝こめて参拝するのも清々しいひとときとなることでしょう。

 

【おけらまいり】

日時:12月31日

場所:八坂神社

 

おけらとは、漢字で「白朮」と書き、キク科の多年草を指します。大晦日の夜から元旦にかけて八坂神社を訪れる参拝者は、境内でおけらの火を移した火縄を買って、消えないようにくるくる回しながら家路を急ぎます。そしてこの火でお正月のお雑煮を炊き、無病息災を祈る習わしがあります。例年30万人もの人出で賑わうおけらまいり。除夜の鐘をききながら、過行くこの一年を感謝で結び、来たる新年の和の光が人々の心を明るく照らしてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode