ひなまつり

2019.03.03 Sunday

 本日3月3日は、ひなまつり。女の子にとりましては初節句に始まり、楽しみで特別な桃の節句でごさいます。


 その歴史をひもとくと、いにしえの中国から伝わった紙人形にけがれをうつし水に流す「流し雛」と、平安時代の貴族の子女で流行った「ひいなあそび」が結び付いたことから由来しているそうです。そして江戸時代には、五節句のお祝い日のひとつに定められ、女の子のお祝い儀式として日本中に広まり定着していきました。また紙人形から、豪華な雛人形へと進化していったのもこの頃からだそうです。


 京都では、数々のひなまつりの祭事や催しが行われております。なかでも下鴨神社や松尾大社の「流し雛」や、市比売神社で行われる人が雛人形に扮し平安時代を再現する「ひいなまつり」は、毎年多くの観光客で賑わっています。


 また食文化においては、お祝いの「雛ご膳」が用意され、海老や菜の花をあしらったバラ寿司(ちらし寿司)や、わけぎと貝のてっぱい(ぬた)、蛤のお吸い物などが食卓を彩ります。小学校でも、菱形をした三色ゼリーが季節の献立として給食に出され、こどもたちに大人気だそうです。


 古くから女の子の優しさと健やかな成長を願うひなまつり。現代では、家族で雛人形を飾りつけたり、雛ご膳を囲むことにより、伝統だけではなく、思い出と共に深い愛情も受け継がれていくことでしょう。


 朝から恵みの雨が降りしきる京都。ギャラリーにおきましては、ひなまつりを迎えたお人形たちが、ひときわ誇らしい表情を浮かべております。あなた様におかれましても、どうぞ素敵な雛の時をお過ごし下さいませ。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode