重陽の節句

2018.09.10 Monday

 九月九日は「重陽の節句」として、雛まつりや七夕と並ぶ五節句のひとつです。

 

その期限である中国において、奇数は縁起のよい陽の日とされてきました。

なかでも一番大きな奇数が重なる九月九日は、幸多い特別な日なのです。

 

三月の「桃の節句」は、桃の花と雛人形をかざり女の子の成長を願います。

そしてこの「重陽の節句」は「菊の節句」とも呼ばれ、菊の花とともに雛人形を飾り、女性の健康や長寿を祈念するという習わしがあります。これは「後の雛(のちのひな)」として、始まりは五節句が庶民に広まった江戸時代だといわれています。

この風習には、大切な人形を虫干しにして長持ちさせようという生活の知恵も含まれていることでしょう。

 

重陽の節句は、昔の時候にあわせて旧暦の九月九日(十月中旬頃)にも行うことができます。

京都ではこの時期、菊をかたどった和菓子や菊をあしらったお料理、菊酒などが季節の味覚として登場いたします。

娘さまやお孫さまのために飾ってこられた雛人形を今一度ご自身のために飾り、優しい秋空のもと「大人の雛まつり」を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

 

 


ギャラリー人形朋京都 夏季休暇のお知らせ 

2018.08.13 Monday

暑い日がまだまだ続いておりますが皆様お変わりのないことと存じます。

 

以下の日程で京都店は夏季休暇を取らせていただきます。

 

ー2018年8月16日木曜日から8月22日水曜日までー

 

8月23日の人形教室は通常通りに開講いたします。

 

また夏季休暇中急な御用などございましたら工房のほうまでご連絡をお願い申し上げます。

 

工房朋 0742-49-6028

 

勝手を申しますが何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ギャラリー人形朋・京都

〒604-8083 京都市中京区中之町20サクラビル1階

電話・075-211-5914

営業時間・11時から18時まで

水曜定休

ホームページ www.doll-tomo.com

 

 


五山の送り火

2018.08.12 Sunday
8月16日は、京都の夏の風物詩ともいえる「五山の送り火」です。

お盆に戻ってこられた先祖の霊(おしょらいさん)を、再び浄土へ送り出す仏教的行事です。

その歴史は古く、平安時代に弘法大師・空海が始めたという説、室町時代に足利義政が始めたという説などがありますが、文献による資料が少ないため、明確ではなく謎に包まれたままです。

また現在の五山以外にも、「い」、「一」、「竹の先に鈴」、「蛇」、「長刀」がありましたが、明治時代までに途絶えたとされています。それに関しまして、「い」を灯した可能性がある場所を発見したと、つい先日8月8日に京都大学が発表いたしました。今後の調査が待たれるところです。

「五山の送り火」は、20時に「大文字」点火を皮切りに、5分毎にずらして「妙・法」、「舟形」、「左大文字」、「鳥居形」と左回りに約30分間灯されてゆきます。人気の観賞スポットである鴨川にかかる出町大橋周辺では、灯された瞬間「おおっ!」という歓声と共に、拍手がおこります。そして人々は、幻想的で迫力ある光景にゆく夏を惜しみます。

京都市の無形民族文化財である「五山の送り火」に、足をお運びになられませんか。

特別な夏の思い出を、お人形たちとお待ち申し上げております。




ギャラリー人形朋・京都

〒604-8083 京都市中京区中之町20サクラビル1階

電話・075-211-5914

営業時間・11時から18時まで

水曜定休

ホームページ www.doll-tomo.com


「京だより」 ギャラリー人形朋・京都からのお知らせ

2018.07.23 Monday

今月から、ギャラリー人形朋・京都より発信の日々の徒然を「京だより」と題しましたブログにてご紹介していきたいと思います。

 

どうぞお付き合い下さいませ。

 

日本三大祭のひとつとして有名で、京都の7月を彩る祇園祭。この7月21日〜23日は、後祭(あとまつり)の宵山期間で、京都の街は浴衣姿の人々で賑わっております。前祭(さきまつり)との違いのひとつとしまして、後祭は観光に特化していないので、露天や歩行者天国は行われません。そのため、しっとりと落ち着いた風情で祭りを楽しむことができます。また、前祭の山鉾が半分ほど解体され、人形や絨毯などの調度品を近くで見れるのも、後祭ならではの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

 

今年は残念ながら 猛暑のため、24日の花笠巡行は中止となりますが、同日の山鉾巡行や25日の狂言奉納など、31日の夏越祭で幕を閉じるまで、祇園祭は続きます。 

 

そのような中、ギャラリー人形朋・京都では、夏のお着物に着がえた人形たちが、涼やかな眼差しで皆さまのお越しをお待ちしております。お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

ギャラリー人形朋・京都

〒604-8083 京都市中京区中之町20サクラビル1階

電話・075-211-5914

営業時間・11時から18時まで

水曜定休

ホームページ www.doll-tomo.com


神奈川県横浜市 ギャルリーパリ 2018年3月13日〜3月19日まで

2018.03.01 Thursday

横浜での展示会を今年もさせて頂く運びとなりました。

 

横浜・関内の画廊、ギャルリーパリにて開催いたします。

 

市松人形をはじめ雛人形、五月人形、洋人形など工房朋の様々な種類、表情の人形たちが約60体ほど参ります。

 

〈場所〉ギャルリーパリ      

    〒231−0021      

    横浜市中区日本大通14 旧三井物産ビル1階

〈期間〉2018年3月13日(火)から19日(月)まで     

〈お問い合わせ〉ギャルリーパリ 045-664-3917  

 

また会期中にお手持ちのご着用の予定のない愛惜が残るお着物をお持ちいただき、お好きな顔の市松人形に着せていただくオリジナル別注人形も承ります。

詳しくはこちらをご参照ください。http://www.doll-tomo.com/tomo/originaldoll.html

 

少しづつ気温も和らいでまいりました、是非この機会に皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

工房朋

     〒631-0004 奈良市登美ケ丘1-3-15 0742-49-6028

 

人形朋 京都

     〒604-8083 京都市中京区三条富小路西北角 SACRAビル1F

     TEL&FAX:075-211-5914

     営業時間:11時〜18時 定休日:水曜日

 

フェイスブック https://www.facebook.com/dollstudiotomo

インスタグラム dolltomoでidご検索ください。



カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode