嵐山の春だより

2019.04.16 Tuesday

三寒四温を繰り返しながら、はにかむように今年も春が訪れました。今年は4月になっても気温が低い日が多かったせいか、京都では長く桜が楽しめており、ようやく桜吹雪が舞い始めたところでございます。


 いつもブログを読んで下さり、ありがとうございます。本日は京都嵐山の春だよりをお届けしたいと思います。どうぞお付き合い下さいませ。

 

 嵐山は京都屈指の名所であり、世界中からいらした観光のお客様で賑わっております。四季折々の風景は、それぞれがドラマチックでさえあり、どの方の心にも深く刻まれることでしょう。古くは王朝貴族の別荘地として親しまれてきた嵐山。春は山全体が、まるでベールをかけたように桜色に染まります。

 桜の名所100選にも選ばれているこの景色の手前には、シンボリックな渡月橋があります。桂川にかかり、今では京都市の右京区と西京区を結ぶ渡月橋。その歴史は古く、834〜848年にかけて架橋されたとされています。またその命名は「月が橋を渡るように見えた」という逸話からきています。  


次に渡月橋より少し離れた妙心寺退蔵院をご案内いたします。こちらでは花木が春の準備を始めるこの時期に合わせて、特別拝観を開催しております。枯山水庭園「元信の庭」とともに池泉回遊庭園といった二つの異なる庭園を併せ持つなか、「余香苑」では大きな花傘のように開く紅垂れ桜が楽しめます。その下にたたずむと、まるで桜色の幸福感に包みこまれるようです。

通常は非公開の本堂では、狩野了慶作の襖絵や、国宝である日本最古の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」(摸本)を見ることができます。また喧騒から離れたこの静かな空間では、水琴窟と鹿おとしの響きに耳を傾けながらお抹茶をいただくことができ、極上な時間を過ごせます。(お菓子には水墨画にちなんで、ユーモラスな鯰の絵がほどこされています)


京都の春は、まだまだほころびはじめたばかり。あなただけの特別を探しに、お出かけになりませんか。お時間が許せばギャラリー人形朋にもお立ち寄り頂けますと幸いでございます。すみれ色のドレス(幕末の打掛けより製作)を着たお人形とともにお待ち申し上げております。


展示会のお知らせ〜大阪阿倍野〜

2019.04.04 Thursday

桜の花が咲き誇り、ようやく春が訪れました。

 

 

この度、あべのハルカス近鉄本店様にて展示会を行う運びとなりました。

お好きなお顔やサイズのお人形と、着物・帯を組み合わせてお気に入りの一体をお選びいただけます。

また、思い出の詰まったお着物をお仕立て直しし 工房朋の人形に着せていただく、世界に一つだけの別誂え人形のオーダーも承ります。ぜひこの機会に、日本一高いビルにて工房朋の人形をご高覧くださいませ。

 

   工房朋ーmake your own dollー

 

〈会期〉2019年4月10日(水)〜4月16日(火)

     午前10時〜午後8時 最終日は午後5時で閉場させていただきます。

 

〈会場〉あべのハルカス近鉄本店タワー館11階アートギャラリー

     〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

     ☎(06)6624-1111 

 

工房朋

〒631-0004

奈良市登美ヶ丘1-3-15

☎・fax  0742-49-6028

 


弥生のとき

2019.03.18 Monday

移ろう季節の中で、春ほど  その訪れが待ちどおしい季節はないのではないでしょうか。花木は鮮やかな色彩で包まれ、あふれる陽光とふくいくとした香りが風に運ばれてやってきます。


そして春は旅立ちの時。学生の街京都では、スーツや袴に身を包んだ  誇らしい笑顔の若者の姿が、弥生のときを彩ります。


そんな京都で、じわじわと密かに訪れているブームをご存知でしょうか?それは、朝観光。日中の人混みや喧騒を避けて、明けたばかりの清清しい早朝の空気の中での、特別な過ごし方を提案したものです。お寺や神社に詣でるもよし、座禅で心身を整えるもよし、朝桜の下にたたずむと思わず時が止まってしまうかもしれません。また古くから喫茶店やパンの文化が進んだ街ならではの、こだわりのモーニングセットも楽しまれてみてはいかがでしょうか。


春はあけぼの。あなただけの朝京都を探しに

いらっしゃいませんか。

春色の着物をきたお人形とともにお待ちしております。


展示会のお知らせ〜横浜〜

2019.03.04 Monday

 春は人形を愛でるにふさわしい季節ではないでしょうか。


今年もまた、沢山の可愛らしいお人形が横浜へ参ります。愛くるしいお顔や、しっかりしたお姉さんのお顔、そして凛とした男の子など総勢70体以上が並びます。


お着物は古くは江戸時代、明治、大正、昭和とアンティークのお着物から創られ、大変見応えがございます。お誘いあわせの上、ぜひご高覧下さいませ。皆様のお越しをお待ち申し上げております。


〜工房 朋    市松人形 展〜


【会期】2019年3月14日(木)〜23日(土)12時〜19時

会期中無休、最終日17時まで


【場所】ギャラリー  パリス

〒231-0021

横浜市中区日本大通り14

旧横浜三井物産ビル1F


【お問い合わせ】045-664-3917

www.galerieparis.net



ひなまつり

2019.03.03 Sunday

 本日3月3日は、ひなまつり。女の子にとりましては初節句に始まり、楽しみで特別な桃の節句でごさいます。


 その歴史をひもとくと、いにしえの中国から伝わった紙人形にけがれをうつし水に流す「流し雛」と、平安時代の貴族の子女で流行った「ひいなあそび」が結び付いたことから由来しているそうです。そして江戸時代には、五節句のお祝い日のひとつに定められ、女の子のお祝い儀式として日本中に広まり定着していきました。また紙人形から、豪華な雛人形へと進化していったのもこの頃からだそうです。


 京都では、数々のひなまつりの祭事や催しが行われております。なかでも下鴨神社や松尾大社の「流し雛」や、市比売神社で行われる人が雛人形に扮し平安時代を再現する「ひいなまつり」は、毎年多くの観光客で賑わっています。


 また食文化においては、お祝いの「雛ご膳」が用意され、海老や菜の花をあしらったバラ寿司(ちらし寿司)や、わけぎと貝のてっぱい(ぬた)、蛤のお吸い物などが食卓を彩ります。小学校でも、菱形をした三色ゼリーが季節の献立として給食に出され、こどもたちに大人気だそうです。


 古くから女の子の優しさと健やかな成長を願うひなまつり。現代では、家族で雛人形を飾りつけたり、雛ご膳を囲むことにより、伝統だけではなく、思い出と共に深い愛情も受け継がれていくことでしょう。


 朝から恵みの雨が降りしきる京都。ギャラリーにおきましては、ひなまつりを迎えたお人形たちが、ひときわ誇らしい表情を浮かべております。あなた様におかれましても、どうぞ素敵な雛の時をお過ごし下さいませ。

 



カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode