人形倶楽部朋の様子をおとどけします

2013.02.20 Wednesday
きょうは第3水曜でしたので、奈良の工房では、人形教室がありました。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室

きょうのブログでは教室の様子をお届けしようと思います。


工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
ギャラリーは母屋にあるのですが、玄関をはいると新作の市松雛が生徒さんをお出迎えします。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
きょう参加して下さった生徒さんは3名。何年も教室に通ってくださっている常連さんばかりです。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
この方が縫われているのは、

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
以前縫われたこちらの着物の着せ替え分です。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
袖はもうできあがっているようですね。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
また別の方が縫われているのは、男の子の着物のようです。
この生地、なんとなく見覚えがありませんか?実は上の写真で男の子の人形が着ていた着物と同じ生地なのです。もう一人の生徒さんが持っていらしたものを、このお二人に譲られたそうです。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
同じ生地で針山を作ってらっしゃるのも発見(^_^)v

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
この方の着物はきょう完成しました。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
着付けの様子です。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
記念の写真も撮らせていただきました。


人形倶楽部 朋」は、人形作りの楽しみを実際に味わいながら人形の魅力について自由に語り合ってほしいという思いから開設されました。
京都は第2木曜、奈良は第3水曜と、月に一度教室を開催しております。
工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
実際に自分の手で人形の着物を縫ってみたい、そう思っていらっしゃる方はぜひ一度見学にお越しください。


工房朋,工房とも,こうぼうとも,人形教室
午後4時過ぎ、ギャラリーから見える外の様子です。少しずつ日が長くなってまいりましたね。


人形倶楽部朋について パート2

2012.10.23 Tuesday
工房では大ぶりの柘榴の実が熟し、ボトッと落ちる音が聞こえるようになりました。


最近は朝晩だけでなく、日中日陰に入ったときや、少し風が吹くだけでも肌寒くなってきているのが感じ取れますね。


さて、前回は工房朋の人形着物教室「人形倶楽部朋」についての簡単な説明とよくある質問を紹介させていただいたのですが、今回はその答えになります!


1.自分は和裁の経験がないのだけど、、、

2.人形の衣装にする着物がないのだけれど、、、

3.何月何日までに仕上げたいのだけど、、、

4.一体の人形につき、一枚の着物しか縫えないの??

5.予定が急に入るかわからないのだけど通えるかしら??


【お答え】
1.和裁は、幼少時にお母様から習われたり、学校で基礎を習われた方もいらっしゃるのですが、まったく経験のない方がほとんどです。
人形倶楽部朋では、和裁専門の講師が丁寧にかつ楽しくお教えさせていただきます。一つ一つ、先生に言われる通り縫っていったら着物が一つ完成していました!というお声もよくお聞きします。それぞれの方のレベルに合わせて細やかに指導させていただきます。和裁の経験がないから、、、と躊躇されている方は是非一度見学にお越しください。


2.人形倶楽部朋は、思い入れはあるもののもう袖を通す予定のない着物を人形用の衣装の素材として使っていただくのが目的です。
古裂にこだわらず、いろいろな布地や帯地でみなさま楽しまれています。素敵な柄行や色味の衣装ができあがり、見せていただくのもとても楽しみです。
着物自体お持ちでない方には、京都で開かれる骨董市や古い着物を扱っているお店を紹介したり、私どもの布地をお譲りすることも可能です。
何度も縫われている生徒さんからは、出来上がりを想像しながらの生地探しが面白いとおっしゃっていただいています。


3.お子様やお孫さん、ご友人に自分で縫った着物を着せた人形をプレゼントしたい、という素敵なご相談を受けることがあります。
そのような場合には渡されるお日にちやご予定があることとおもいます。
時間に余裕をお持ちの場合は別といたしまして、お急ぎの場合は月に二度、奈良の教室と京都の教室の両方に通って頂くことも可能です。
通常、一枚の着物を完成するまで6ヶ月かかりますが、奈良と京都にお越しいただくことで半分の3カ月に短縮できます。
大変ご足労をおかけいたしますが、特別にお急ぎの方はご検討ください。


4.人形倶楽部朋では入会時に授業料三万円と工房朋の裸人形を一体ご購入いただいております。
一体の人形につき一枚の着物が原則で、一回の教室の参加人数の関係上、授業をお待ちいただくこともあります。
人形を三体以上お買い上げの方から、授業料のみで着物だけを作っていただくことができます。また現段階では工房朋以外の人形、またはお着物のみの教室の参加はお受けしておりません。


5.人形倶楽部朋の雰囲気を「人形と着物を愛でる方が集まるサロン」と形容された方がいらっしゃいましたが、まさにその通りで、おかげさまで北は北海道、南は九州からはるばるお越しいただいております。
突然ご都合が悪くなりお越しいただけなくても、授業を振り替えることができます。
全6回で着物が出来上がるよう柔軟に対応させていただきますので、お忙しい方にも好評いただいております。







いかがでしたでしょうか?写真は奈良の教室に参加されている方々のお人形たちです。

参加された皆様から「自分の手で一針づつ縫った着物をまとった人形は本当に特別」、「次は違う人形に違う着物を着せてみたい」といったお声を多く寄せられます。
大変嬉しく、また、私どもも新たなインスピレーションを受けることが多々あります。

人形倶楽部朋では随時、人形の着物を縫ってみたいという方を募集しております。お手許の着るご予定のないお着物や思い入れのある布地たちを衣装に仕立て、工房朋の人形に着せてみませんか?

さらに詳しいご質問などございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。
お待ちしております。


工房朋 奈良
〒631-0004
奈良市登美ヶ丘1-3-15
TEL&FAX: 0742-49-6028
営業:月・水・金の9時〜16時

ギャラリー人形朋 京都
〒604-8083
京都市中京区三条富小路西北角
SACRAビル1F
TEL&FAX:075-211-5914
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日


人形倶楽部朋について パート1

2012.10.17 Wednesday




今日は奈良のギャラリーで月に一回開催している人形の着物教室「人形倶楽部朋」がありました。

生徒さんに了承を得て冒頭の写真をパシャリ。
もくもくと手を動かしながらも、いつも楽しそうな笑い声が飛び交っています。ゆったりとした時間がそこには流れています。

今回は2回に分けて人形倶楽部朋について寄せられる質問にお答えしたいと思います!


まず、「人形倶楽部朋」はお求めいただいた工房朋の裸人形に、生徒さん一人一人の思い入れのある着物や、帯、裂地を用いてご自身で人形の着物を縫って頂く教室です。一枚の着物を六回の教室で仕上げて頂くコース内容で、裁断、縫製、着付けを専門の講師が丁寧に最後までお教えさせて頂きます。

奈良の工房朋併設のギャラリーと、ギャラリー人形朋京都にて、月一回のペースで開催しており、奈良は第三水曜日、京都は第二木曜日、ともに午前十一時から午後五時までです。


参加を検討中の方からは、

・自分は和裁の経験がないのだけど、、、
・人形におあつらえ向きの着物がないのだけれど、、、
・何月何日までに仕上げたいのだけど、、、
・一体の人形につき、一枚の着物しか縫えないの??
・予定がいつ急に入るかわからないのだけど通えるかしら??

といったご質問をよくいただきます。

次回はそれらについての答えと、より詳しく人形倶楽部朋を知って頂ける記事を公開予定です。

パート2に続きますが、乞うご期待ください。







  







カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode