似せてつくる市松人形

2013.02.12 Tuesday
工房朋の市松人形は、頭(かしら)はよく似た顔の制作が可能ですが、衣装は古裂より制作しておりますのでひとつとして同じものがございません。そのためあらかじめカタログなどでお値段を表示した上でお求めいただくことができないのですが、同時代の似たような雰囲気の衣装をご用意することができる場合もございます。

先日、以前のカタログをご覧になった方より「江戸時代末の刺繍がはいった赤い打掛」から制作した着物を着た人形と、「大正時代の紫色のちりめん」の着物を着た人形のお問い合わせをいただきました。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
お客様がご覧になった写真はこちらです。

工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
工房朋,工房とも,こうぼうとも,市松人形
以前にご用意した人形の雰囲気をそのまま再現するのではなく、そのエッセンスは残したまま今この瞬間の時代に沿うものをご用意させていただきました。

松竹梅の着物

2013.01.25 Friday
相変わらず寒い日が続いていますが、先日、工房の庭にあるモクレンの枝に芽がついていることに気づきました。植木屋さんをしている友人に聞きましたら、「春に咲く花はもう芽が付いているもの」だそうです。
そう言われてよく見てみると、桜の枝なんかも芽をいっぱいつけていました。植物はもう花を咲かせる準備をしているんですね。

寒い時期、いちばんはじめに花を咲かせるのは梅で、どの花より先に咲くことから「百花のさきがけ」と呼ばれます。
寒中に花が開く梅と並んで、寒中でも色あせず緑のうつくしい松と竹は中国では「歳寒三友(さいかんのさんゆう)」と呼ばれ清廉潔白を現しますが、日本で「松竹梅」といえばおめでたいイメージがつよいと思います。

さてさて、前置きがながくなってしまいましたが、きょうご紹介する市松人形は松竹梅の着物を着ています。

工房朋,市松人形
まずは後ろ姿の写真です。
上品な紫色の着物かと思いきや。

工房朋,市松人形
衿はこのような柄になっております。
さりげなく金糸の刺繍が入ったこの形、なんだと思いますか?

工房朋,市松人形
反対側からの写真です。
孔雀の羽根のようにも見えるのですが・・・。

工房朋,市松人形
こちらは左袖の一部分です。
市松人形の制作にたずさわっているせいか、市松文様をみると妙に親近感がわいてきます。

工房朋,市松人形
こちらは右袖です。
梅、竹(笹)、松がおわかりいただけたでしょうか?


本日、ちょっとずつ見ていただいた人形はこちらです。

工房朋,市松人形
最初に後ろ姿で見ていただいた紫の着物のイメージ、「松竹梅の柄」のイメージとは少しちがったのではないかと思います。なんだかとても不思議な着物です。

この週末は一段と寒くなるようですが、お出かけの際はぜひ街路樹の枝なども見上げてみてください。
寒い時期でも緑を残す松竹や、いちばんに花を咲かせる梅以外の植物が春の準備をしていることに気づいていただけると思います。

市松雛のご紹介

2013.01.22 Tuesday


こちらは人形朋 京都に入ってすぐ左手に展示しているペアの市松人形です。




ふだんの日は一対の市松人形として。




お雛様が近づけば、油灯やお花と一緒に飾って市松雛(いちまびな)として。



そして端午の節句は男の子に陣羽織を着せて五月人形として、お楽しみいただけます。

人形の高さは約24cm、飾っている台の広さは90cm×45cmです。
(No.13739、13850)

13303・江戸時代末期の衣装

2012.12.19 Wednesday
今年もあとわずかとなりましたが、皆さま年の瀬で忙しくされていることと思います。

きょうはお正月っぽい市松人形をご紹介します。

工房朋,市松人形,江戸,古裂
高さ約46.5センチ。
着物は江戸時代末期ごろ、御所解(ごしょどき)と呼ばれる文様だと思います。

工房朋,市松人形,江戸,古裂
工房朋,市松人形,江戸,古裂
四季の花々に刺繍や金糸の飾り、染めがほどこされています。

工房朋,市松人形,江戸,古裂 帯の柄は、松竹梅、亀甲といったおめでたいものです。

工房朋,市松人形,江戸,古裂
こちらの人形は、年内いっぱいは奈良の工房に展示しております。
(価格:756,000円(税込))

13822・26cmの女の子

2012.12.14 Friday
今年もあとわずかとなりましたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
きょうは市松人形の女の子をご紹介します。

工房朋,市松人形,日本人形
着物は大正時代のちりめんです。

工房朋,市松人形,日本人形
紅葉や菊、胸元には桜と、一年を通して傍に置いていただけます。

工房朋,市松人形,日本人形
襦袢は、同時代のもみを使用しています。

工房朋,市松人形,日本人形

全長約26cm、価格252,000円(税込)。


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode