京だより 紅葉見所のご紹介

2018.11.12 Monday

秋が深まり、今年も鮮やかな紅葉のシーズンがやってまいりました。朝陽に照らされる姿もよし、静かに夕暮れにたたずむもよし、サクッサクッと踏みしめる音を楽しむもよし、五感を研ぎ澄まして、静かに色づく季節を楽しみたいですね。

 

京の街も、色とりどりの葉が木々を染め、秋のロンドを奏でています。


そんな京都の、数ある紅葉の名所からいくつかご紹介したいと思います。

【岩倉実相院門跡】(左京区岩倉)
磨きこまれ黒く光る板の間に、真っ赤な紅葉が映りこむ床紅葉が有名。庭園は趣のちがう二つを有し、ひとつは奥の院の山水庭園で、もうひとつは比叡山を借景とする平成に作られた石庭(心の庭)があります。

【永観堂】(左京区永観堂町)
約三千本の紅葉を誇る東山屈指の名所。古くは、古今和歌集でも「紅葉の永観堂」と詠まれています。夜間ライトアップは、京都の夜の風物詩といえるでしょう。

【光悦寺】(北区鷹峯)
本阿弥光悦ゆかりの名刹。紅葉のトンネルともいえる参道や、光悦垣、鷹峯三山の眺めが美しいです。また「薄紅葉」と呼ばれる
淡い色の紅葉が、11月初旬より楽しめます。

【東福寺】(東山区本町)
全国的にも有名な京都屈指の紅葉の名所です。紅葉に包まれる通天橋は、眺めの特等席。こちらは、葉先がみっつに分かれ黄金色に染まる通天 紅葉が有名です。

【嵐山】(右京区嵯峨)
天龍寺や二尊院、常寂光寺などを有する嵐山一帯は、全山が燃えるような錦秋に彩られ、ドラマチックとさえいえる空間となります。

 

また帰り道にお時間がございましたら人形朋へも是非ともお立ち寄りくださいませ。

 

お待ち申し上げております。

 

 

 

 

ギャラリー人形朋 京都

075-211-5914

〒604-8083 京都市中京区中之町20 SACRAビル1階

水曜定休


時代祭  

2018.10.21 Sunday

 京ごよみの中でも、秋はもっともイベントの多い季節といえるでしょう。

その中でも10月22日は遷都の日にあたり、毎年「時代祭」が執り行われます。

 

京都の三大祭りの一つとして知られる時代祭。始まりは1895年、平安遷都1100年と平安神宮の創建を祝ってのものでした。

京都御苑から平安神宮までの道のりを、約2時間かけて華やかな歴史行列が進みゆきます。その行列は、明治時代における維新勤王隊の勇ましい姿を先頭に、平安京が造営された延暦時代まで8つの時代をさかのぼっていきます。衣装をはじめ調度品や祭具をとおしても、1000年にわたり、磨き受け継がれた京都伝統工芸の匠の技を知ることができます。

 

雅やかな歴史風俗絵巻を繰り広げる時代祭は、現代にいきる私たちをタイムトリップにいざなってくれることでしょう。あなたもお出かけになりませんか。歴史の風が秋色に染まります。


2018年「秋の展示会」のお知らせ

2018.10.21 Sunday

   〜2018年「秋の展示会」のお知らせ〜

 

 澄みわたる秋空が、心まで清々しくしてくれる季節となりました。

皆様方におかれましても、お元気でお過ごしのことと存じます。

 

 さて、今年もギャラリー人形朋京都にて「秋の展示会」を下記のとおり開催させていただく運びとなりました。

今回はたくさんの新作人形に加え、大人気の市松袋を手作りするキットも販売いたします。これは多くの古布の中からご自身で組み合わせを選んでいただき、世界でひとつのマイ市松袋をお作りいただけるものとなっております。

 

 たくさんの新作人形も、皆様にお目見えできますことを心待ちにしております。

晩秋の京都における展示会へ、お誘いあわせのうえ是非お越しくださいませ。

 

2018年11月17日(土)〜30日(金)11時〜18時

※会期中は無休でございます。

 

【ギャラリー人形朋京都】

京都市中京区三条富小路西入ルSACRAビル1階

Tel  075-211-5914

 


中秋の名月

2018.09.16 Sunday

ようやく秋らしいさわやかな風がそよぐようになってまいりました。

 

今年の夏は、地震、大雨、台風により予期せぬ大きな被害がもたらされました。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします

 

 さて、今月24日は中秋の名月とされております。

萩の花が咲き始めた京都では、多彩なお月見の催しが繰り広げられます。

本日はその中のいくつかをご紹介させていただきたいと思います。

 

【神泉苑「観月会」かんげつえ】

2018年9月22日(土)18時〜20時30分

 

本堂にて観月法要が執り行われた後、法成就池の龍王船で18時30分より船上名月鑑賞(700円当日券150枚限定)、19時より奉納演奏が行われます。また、この日は庭園も無料で特別公開されます。

 

【下鴨神社「名月管弦祭」】

2018年9月24日(月・休)17時30分頃〜

 

観月の会と合わせて、雅楽による奉納祈願が行われます。平安貴族舞や、古式ゆかしい平安装束に身を包んだ楽人による管弦、琴の演奏などが楽しめます。

 

【上賀茂神社(賀茂観月祭)】

2018年9月24日(月・休)16時〜

 

夕刻に神官や巫女による神事や加茂神楽の奉納が行われ、その後ミニコンサートなどの催しがあります。終了後、濁り酒のふるまいが行われたり、月見団子の整理券が配られたりします(18時より300名限定)

 

 お月見が盛んになったのは平安時代ともいわれ、和歌にも登場しています。そのころは月を直接見ることはせず、池や盃に映して鑑賞したとのことです。なんと奥ゆかしいことでしょう。方法のちがいこそあれ、いにしえの人々と同じように、現代の私たちも月を愛でる静かなひとときを楽しみたいですね。

 


重陽の節句

2018.09.10 Monday

 九月九日は「重陽の節句」として、雛まつりや七夕と並ぶ五節句のひとつです。

 

その期限である中国において、奇数は縁起のよい陽の日とされてきました。

なかでも一番大きな奇数が重なる九月九日は、幸多い特別な日なのです。

 

三月の「桃の節句」は、桃の花と雛人形をかざり女の子の成長を願います。

そしてこの「重陽の節句」は「菊の節句」とも呼ばれ、菊の花とともに雛人形を飾り、女性の健康や長寿を祈念するという習わしがあります。これは「後の雛(のちのひな)」として、始まりは五節句が庶民に広まった江戸時代だといわれています。

この風習には、大切な人形を虫干しにして長持ちさせようという生活の知恵も含まれていることでしょう。

 

重陽の節句は、昔の時候にあわせて旧暦の九月九日(十月中旬頃)にも行うことができます。

京都ではこの時期、菊をかたどった和菓子や菊をあしらったお料理、菊酒などが季節の味覚として登場いたします。

娘さまやお孫さまのために飾ってこられた雛人形を今一度ご自身のために飾り、優しい秋空のもと「大人の雛まつり」を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

 

 



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

記事一覧

カテゴリー

過去の記事

recent comment

  • 春の新作人形展のご案内 ギャラリー人形朋京都 にて 2017年4月1日から10日まで
    umiko
  • 男の子の人形たち。
    久美子 寺下

プロフィール

search this site.

mobile

qrcode